このページから「UMSSort」をダウンロードできます。
もともと手持ちのiriver製MP3プレーヤーで曲順変更を行なうために作成したソフトですが、以下のようなオーディオ機器でも使えるはずです。
ファイルだけではなく、ディレクトリ(フォルダ)のソートにも対応しています。
当方の動作確認環境は、WindowsXP、USB1.1、iFP-995Tです。.NET FrameworkがインストールされているWindowsであれば問題なく動作すると思いますが、このソフトを使用し何らかの不利益があった場合でも当方では一切責任を負えません。ユーザーの自己責任で本ソフトを使用してください。
バージョン1.4がこちらからダウンロードできます。

使い方

下準備

使い方1 : 一気にすべてのファイルとディレクトリ(フォルダ)をソートしたい場合

  1. まとめてソート」タブを指定します
  2. ドライブの指定」ボタンを押し、プレーヤーもしくはUSBメモリを指定します
  3. 並べ替える方法を選択します
    • 名前順の場合「名前順でソート」で囲まれた「昇順」か「降順」のボタンを押します
    • 作成日時順の場合「作成日時順でソート」で囲まれた「昇順」か「降順」のボタンを押します
  4. ソートの完了を知らせるメッセージが表示されるまで待ちます (ファイルやディレクトリの数が多いとソートに時間がかかります。途中で終了させることはできませんのでご注意ください)
  5. 「ソートが完了しました。」というメッセージが表示されたら並べ替え完了です

使い方2 : 特定のファイルやディレクトリ(フォルダ)をソートしたい場合

  1. 並べ替える対象を指定します
    • ファイルをソートしたい場合は「ファイルのソート」タブを指定します
    • ディレクトリをソートしたい場合は「ディレクトリのソート」タブを指定します
  2. 場所の指定」ボタンを押し、プレーヤーもしくはUSBメモリ内のソートしたいファイル群(もしくは、ディレクトリ群)の親ディレクトリを指定します
  3. 並べ替える方法を指定します
    • ファイル名やディレクトリ名に基づいてソートしたい場合は、リストの上部「名前」の部分をクリックします
    • 作成日時に基づいてソートしたい場合は、リストの上部「作成日時」の部分をクリックします
    • 一部のファイル(もしくは、ディレクトリ)だけを動かしたい場合は、リストボックス上で選択し、「」ボタン、もしくは「」ボタンを押します
  4. 位置が決まりましたら、「反映」ボタンを押します
  5. ソートの完了を知らせるメッセージが表示されるまで待ちます (ファイルやディレクトリの数が多いとソートに時間がかかります。途中で終了させることはできませんのでご注意ください)
  6. 「ソートが完了しました。」というメッセージが表示されたら並べ替え完了です

更新情報

更新日ver.内容
2005年3月19日1.4まとめてソートする場合、昇順と降順を指定できるよう機能追加
昇順・降順の表記訂正
「変更」ボタンの表記を「反映」に変更
2005年3月18日1.3プレーヤー内のすべてのファイルとディレクトリを、まとめてソートする機能を追加
ファイル数が多い場合、順番通りにソートできなかったバグを修正
2005年2月11日1.2作成日時に基づいてソートする機能を追加
シャッフルボタンを付ける。
2005年2月5日1.1使用時のリスク軽減のため、リムーバブルディスクのディレクトリしか開けないように修正
ソフトにバージョンを付ける(1.1~)
2005年2月1日 ファイルとディレクトリのソート機能をタブで切り替える仕様に変更
ファイル名、ディレクトリ名での昇順と降順のソート機能を追加
ウィンドウの大きさを変えられるよう修正
2005年1月31日 バグフィックスと共に、ディレクトリのソートに対応。プログレスバーも付ける
2005年1月31日 意図した順番にソートされないという致命的なバグがあり、ダウンロードを一時休止
2005年1月31日 初期版リリース

TODOリスト

  • なし